読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるりとPNE

薬剤師国家試験に向けてゆるりと取り組んで行く

棚卸しと医薬品管理

3月末は棚卸し。
棚卸しをします。

「期末大売り出し」で在庫を減らそうという事ですね。

薬価改定と、消費税増となればさらにコストに厳しくなります。

さて、大事なのはお金だけではないですよ。

薬剤師にとって医薬品管理は重要な責務となります。では、どんな事をしているかというと、
医薬品の数量、品質、情報の管理を行います。

医薬品を確保しないと、薬物治療が出来ません。
また、医薬品には使用期限があり、保管環境も指定されています。
情報については、添付文書改訂や経過処置薬品などでしょうか。

実習期間中に棚卸しまで見る機会はあったのでしょうか?
在庫ズレで薬がありませんでは、謝っても許してくれません。

最後に参考までに…
薬剤師法
第一条  薬剤師は、調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによつて、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もつて国民の健康な生活を確保するものとする。